« 二人の歩く先には | トップページ | 一つの花が集まって »

2006年3月10日 (金)

粉雪が積もるとき

 粉雪は降り始めは全然積もらない。

 しばらく降ってもまだ積もらない。

 降って、降って、ずーと降り続けて、

 「積雪5センチ」。これはすごい事だ。

 最初の雪は道路のアスファルトで解けて

 あっという間に消える。

 次の雪も、その次の雪も。

 でもその雪たちは、

 解けるときにアスファルトの温度を少し下げて消える。

 雪が降り続けば

 アスファルトの温度が少しずつ少しずつ下がっていく。

 そして。

 零度になった時初めて、

 その次に舞い降りた粉雪が地上に残る事が出来る。

 次も、その次の雪も。

 そして積み重なって、重なって、

 「積雪5センチ」。すごいことだと思う。

~躁鬱病(躁うつ病)と一緒に生きる

|

« 二人の歩く先には | トップページ | 一つの花が集まって »

コメント

来てくださってありがとうございました。
どうしてだか、自分のこの病気のことを、誰かに話したかったのです。
ブログで話すことで少し気持ちが治まる気がします。
入院は、あの状態では仕方がなかったと思いますが、もう絶対にしたくはありません。シュールな体験でした(苦笑)
私も、家事が毎日出来るように、無理せずにやっていこうと思います。
こちらこそよろしくお願いいたします
m--m

投稿: 桜 | 2006年3月11日 (土) 19時59分

 桜さん、コメントありがとう。
 『新』ブログ拝見しました。本当に激躁・激鬱を経験されて来られたのですね。桜さんは家事が毎日出来るようになることが、仕事を続けていくことと同じ事ですね。
 私は入院の経験がありません。そこから立ち上がってこられた桜さんはもっと深いブログが書けると思います。ぜひ、一緒に更新していきましょう。よろしくお願いします。

投稿: すーさん | 2006年3月11日 (土) 18時07分

こちらは雪ももう溶けて、やっと春めいてきました。
こちらのブログに影響を受けて、私もブログを始めました。
お暇があったら遊びにいらしてくださいませ。

投稿: | 2006年3月11日 (土) 09時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粉雪が積もるとき:

« 二人の歩く先には | トップページ | 一つの花が集まって »